山田木工所通信

山田木工所の活動のご紹介

過去のブログ

総数22件 1 2 3 4 5

昨日は、家庭教師(ミライロ<会社名>先生)との2回目のお勉強でした。

まずは、仲良くなってもらう事と、ミライロ先生が来られたら座って過ごす事、そして、先生はお友達じゃなく先生って事を覚えてくれるまでは嫁も同席する事になってます。
でも、もうすっかり仲良しだし、座って1時間過ごせてるし・・・なかなかいい滑り出しです。

最初はアンパンマンの30ピースのパズルをしました。
根気よく、時には名前もはっきりした復唱を促しながらほぼ自力で完成しました。
次に、運筆練習。薄い線をなぞって書くのですが、これはまだまだ先が長そうです(^^;)
気持ちはあるのだけど、手が思うように動かないみたい。
そして最後は立体パズルブロック。
本来の遊び方とは異なるんだけど、上手に凸凹を捉えて積んでいました。鉄砲や犬に見立ててのごっこ遊びもできました。
さようならの時間になると、ピアノを披露してからお見送り。
このまま順調に座学してくれるといいなぁと思います。

まだまだ勉強って感じではなく、療育要素も強い内容をお願いしている段階ですが、そのうち数字の概念の一歩目を始めていただけたりと、嫁も楽しみいっぱいです。

息子の理解力と語彙力・興味が伸びてきても、息子自身がうまく発語できないと、そのうち伸び悩みになるかもしれないので、日常にもっと言語訓練要素である「正しい発音のインプット」をしていきたいなぁと思います。

今朝息子が、自分が先生にしてもらったように、アンパンマンのパズルをする三女に「反対」とマカトンサインを用いながら方向を指示してました。
なかなか可愛い姿でした。
こんな事ができるのも「勉強」ですよね(^o^)

 

先日、夕方子達を迎えに、いつもの道を自転車てせ走っていました。
羽束師橋を渡っていると、クラスメイトの子供のおばあちゃんが、橋の下を覗き込んで心配そうな表情をされていました。
声をかけたところ「おばあさんが・・・」と川岸を指さされました。
見ると、何か落とされたのか川沿いに歩いておられ、少しずつ川に入って行かれてました。流されてしまいそうな気がしたので、急いで声を掛けるものの届かずで、一緒に見ていた方と相談して110番しました。
ドキドキしながらで、何を言っているのか自分でも支離滅裂。
でも、しばらくすると、近くの交番からお巡りさん、パトカー3台、消防車、救急車、川の潜れる準備の方・・・続々登場でした。
無事におばあさんは救出されました。

一本の電話で、こんな大事になるなんて・・・と手が震えてしまいました。
でも、支離滅裂な電話でサッと対応してもらえる日本、安心な国だなぁと感謝しました。

息子の初めての保育園での運動会。
三女にとっては、人生初の運動会。

三女は、徒競走でとことこと走って(?)先生の所まで行ってました。
お遊戯は、いまいち動きが悪かったものの、物おじせず、アリさんの触覚の被り物をして「おつかいアリさん」を踊っていました。

次女は、例年、運動会・生活発表会ともに指をくわえて仁王立ちの不動が恒例でした。
でも、今年は成長していました。
徒競走も元気に走り、ダンス付の玉入れも可愛く踊っていました。お遊戯は「ひょっこりひょうたん島」に合わせて、ばっちりポーズを決めて満面の笑みでした。すごい成長です。去年の担任の先生もびっくりしてられました。
嫁は、「ひょっこりひょうたん島」の曲は昔懐かしいものかと思っていたら、モーニング娘が歌っていて、そこにもビックリでした。

長男は、がんばってくれました。担任の先生からも「当日の様子を見てになるのですが、嫌がる様なら無理強いはしないので、そのあたりはご理解ください。」と言われていたので、どうなることかと心配していたのですが、いつもと違う雰囲気に少々エンジンが掛るのは遅かったものの全部参加できました。
竹馬は、魔女のほうきになっていましたが・・・
徒競走・障がい物走・組体操・マスゲーム
先生がつきっきりといえども、きちんとできて、嫁はずっと泣いていました。

子供達は、こうやって成長していってくれるんだなぁ、と目標を作ってもらって、みんなで楽しくチャレンジさせてもらっている園に感謝です。

運動会から、かなり経ちましたが、嫁のパワーが不足気味の時はビデオを見ています。
世の中の社会人のパワー充電効果のあった「半沢直樹」。嫁にとっては、それ以上の効果です。
次は生活発表会。また、違った一面の成長が見られたらうれしいな。

写真は、お友達が映ってるので控えておきます。

先日の台風18号。
我が家は、桂川の土手沿いの住宅街にあるので、大変ドキドキしていました。

早朝、たくさんのお友達から「大丈夫〜?」のメール、嫁実家からの電話で気づき、大急ぎでテレビをつけました。
「避難勧告・・・」とりあえず、主人を起こして避難準備。
まだ大丈夫と言っても、いざって時にさっと動けない(動かない?)子たちだから、早めの行動あるのみです。
主人の実家に電話して、第一次避難。学校の近くだから、いざって時は、一人が一人を抱えて逃げれる状況にさせて頂きました。
実家へ移動中、ちょっと土手に上がって様子を見ると・・・

いつも見る風景とは異なり、河川敷の畑もグラウンドも川になっていました。
自転車で毎日走る歩道橋は、川につかりそうな勢い。何より、土手から水面まで1mない状況・・・
お友達から、あちこちで浸水している情報をもらい、少々落ち着かない時間を過ごしました。
家の対岸で決壊、一本上流の橋が決壊、ひざ下・ひざ上や玄関ぎりきりの浸水のあったお友達も多いなか、我が家は全く浸水なしでやり過ごすことができました。


今回、いろいろ考えたのですが、洪水の時、避難場所が学校の体育館っていうのはどうなんだろう。自宅の二階の方が高いし・・・
校舎の3階4階を解放してもらうと、みんな避難しやすいだろうな。なんといっても、学校が浸水していたり、学校に向かう途中の小さい川が溢れていて行けなかったって聞いたりしています。となり学区の小学校は土手沿いに建ってます。
何が安全か、どんな時に何を重要するのがベストなのか、いざって時の判断って難しいなぁと思いました。

 

三女は食物アレルギーがあります。
卵・乳・小麦・・・
授乳中は嫁も除去食でした。
もちろん、大好きなスイーツもアウト。
そんな時、とってもありがたかったのが、アレルギー対応のケーキと和菓子。
特に、和菓子には、大変お世話になりました。
家の近くには、和菓子の工場があり直売所もあります。
そこに、2日に一度のペースで、いそいそと買いに行ってました。しかも大量買い。
セルフなので、とっても安いから、ついつい手に取ってしまうんですよね。写真の量でも250円ほど(^O^)
毎日お菓子を食べる習慣はなかったのですが、食べられない物があると思うと、食べられる物がなくなるのがストレスになっていました。
三女がすごい勢いで食べるのは、同じような心理が既に生まれているのかしら?
授乳が終わっても、和菓子の魅力に取りつかれたように、がっさり購入する嫁です。
せっかく痩せたのに・・・・と自問する日々です。

総数22件 1 2 3 4 5

カンナ

山田木工所
京都府南区上鳥羽
大柳町23番地
TEL:075-691-4650
FAX:075-691-4699

京都府産木材取扱い


translates into English

お友達リンクです。

ペンション シエル

スキー、スノーボードはもちろん、四季を通じて信州旅行の拠点にどうぞ。

海外子供服 anoko-non(アノコノン)

海外子供服
anoko-non(アノコノン)