今日、実姉から「障害のある 子ども達のための読書サポート講座」というものがあるよと教えてもらいました。
1日(10時〜16時半)かけて、障害児へ読書支援をするために必要な知識と技術を学べるという機会。
先着順の30名ですが無料で受けられます。
全盲など「聞きやすさ」を必要とする子へのサポート、弱視など「読みやすさ」を必要とする子へのサポート、学習障害・発達障害など「読み」に困難のある子へのサポート、知的障害・自閉症など「わかりやすさ」を必要とする子へのサポートを各々50分づつ講義してもらえるそうです。
今まで、何も考えず本を読んでいましたが、絵本ならまだしも、この先字の多い本を読んでいくようになると、わかりやすさを意識していく事が必要になると、「はっ」と気付かせてもらいました。
講義を受けて、出会う子供達ともっと絵本を楽しめたら・・・と思いました。
申し込み、定員に達してなかったらいいな。