息子の初めての保育園での運動会。
三女にとっては、人生初の運動会。

三女は、徒競走でとことこと走って(?)先生の所まで行ってました。
お遊戯は、いまいち動きが悪かったものの、物おじせず、アリさんの触覚の被り物をして「おつかいアリさん」を踊っていました。

次女は、例年、運動会・生活発表会ともに指をくわえて仁王立ちの不動が恒例でした。
でも、今年は成長していました。
徒競走も元気に走り、ダンス付の玉入れも可愛く踊っていました。お遊戯は「ひょっこりひょうたん島」に合わせて、ばっちりポーズを決めて満面の笑みでした。すごい成長です。去年の担任の先生もびっくりしてられました。
嫁は、「ひょっこりひょうたん島」の曲は昔懐かしいものかと思っていたら、モーニング娘が歌っていて、そこにもビックリでした。

長男は、がんばってくれました。担任の先生からも「当日の様子を見てになるのですが、嫌がる様なら無理強いはしないので、そのあたりはご理解ください。」と言われていたので、どうなることかと心配していたのですが、いつもと違う雰囲気に少々エンジンが掛るのは遅かったものの全部参加できました。
竹馬は、魔女のほうきになっていましたが・・・
徒競走・障がい物走・組体操・マスゲーム
先生がつきっきりといえども、きちんとできて、嫁はずっと泣いていました。

子供達は、こうやって成長していってくれるんだなぁ、と目標を作ってもらって、みんなで楽しくチャレンジさせてもらっている園に感謝です。

運動会から、かなり経ちましたが、嫁のパワーが不足気味の時はビデオを見ています。
世の中の社会人のパワー充電効果のあった「半沢直樹」。嫁にとっては、それ以上の効果です。
次は生活発表会。また、違った一面の成長が見られたらうれしいな。

写真は、お友達が映ってるので控えておきます。